Loading...
ワイムアップ技術情報

カニューラと酸素拡散

高濃度酸素の拡散テスト

カニューラ(酸素吐出口)から出る高濃度酸素は、吐出口から離れると濃度が顕著に低下します。
酸素を分散させないでできるだけ体内に取り込むために、標準酸素カニューラの吐出口を鼻の中まで入れて使用されることをお薦めします。

オキシクール32を使用前の状態での酸素濃度(大気)

酸素濃度20.7%

酸素濃度測定1

濃度測定器をオキシクール32の酸素吐出口につけた状態

酸素濃度30.4%

酸素濃度測定2

濃度測定器をオキシクール32の酸素吐出口から1.5cm離した状態

酸素濃度24.3%

酸素濃度測定2

濃度測定器をオキシクール32の酸素吐出口から2cm離した状態

酸素濃度23.2%

酸素濃度測定2

濃度測定器をオキシクール32の酸素吐出口から3cm離した状態

酸素濃度22.6%

酸素濃度測定2

高濃度酸素の発生原理

当社の酸素濃縮器は、自然で無理のない酸素発生方法「酸素富化膜(高分子膜)」を利用した世界初の製品です。
メンテナンスフリーの手軽さと安全性が、様々な用途での使用を可能にしています。

酸素富化膜の動作原理

酸素富化膜の原理

酸素富化膜は、高分子の鎖の熱振動により気体が通る隙間が形成され、この隙間にO2、N2分子が拡散し、酸素分子の拡散速度が早いことを利用して酸素濃度を高めます。

高濃度酸素発生機構

高濃度酸素発生の仕組み

オキシクール32は、この酸素富化膜を使って高濃度の酸素空気を作ります。空気を減圧によって酸素富化膜を通過させ、細菌やウイルスを含まない、約30%の高濃度酸素をつくります。

酸素発生方式による比較

酸素富化膜を使った酸素濃縮法は、コストパフォーマンスに優れ、また人体に優しい濃度の酸素空気を作る上で最適な方法です。

方法 平膜 中空糸膜 PSA方式
原理図 平膜による酸素濃縮 中空糸膜による酸素濃縮 ゼオライトを用いた酸素濃縮
酸素濃度 30% 38% 90%
流量 3〜10リットル 2〜5リットル (小規模コスト高?)
圧力 ◎-61kPa ◯4kg/cm2 ◯4kg/cm2
におい ◯なし ◯なし △有:ゼオライト
メンテナンス ◯フリー △結露 ✕ゼオライト・バルブ
コスト指数 100 150 200
総合評価 △圧損・コスト高 △メンテ・音・におい

技術データ(圧力・温度特性)

圧力特性

圧力特性グラフ

温度特性

温度特性グラフ

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせは、メールまたはお電話(TEL.0538-33-1400)でどうぞ。
【オキシクールは、医療器具ではございません。】

pagetop